クラミジアの市販薬と写真はあるの?

ピンクのウィルス

クラミジアの医薬品は医師が処方しなければ手に入れることができませんので、市販薬は販売されていません。
必ず医師が診察してから、処方されます。
クラミジアや他の性病すべてに同じことが言えますが、恥ずかしいという気持ちで病院に行きたがらない人が多いです。
特にクラミジアは自覚症状が出にくい性病であり、自覚症状が出たというのは、ある意味ラッキーなことであり治療できるサインになるのですが、それを無駄にしてしまう人が多いです。

もし恥ずかしいのであれば検査キットをインターネットから購入して、検査を受けると良いでしょう。
主要な性病すべてを検査できるキットもあり、結果は後日郵送やメールで知らせてくれます。
問題は陽性反応が出たときになります。
その時は覚悟を決めて病院に行きましょう。
その時は検査キットの結果を持っていくとスムーズに治療を開始することができるでしょう。
性病の市販薬が販売されていませんので、病院に行く方法がベストの選択になります。
その他は個人輸入代行業者から医薬品を仕入れて、治療をするという方法がありますが、医学的知識と自己責任になりますのであまりお勧めできません。
市販薬がありませんので、病院に行きましょう。

クラミジアを罹患した患者さんの性器の写真がインターネット上にありますので、そのような写真を見て、自身に警鐘を鳴らすのも良いでしょう。
自覚症状が出にくい症状ですが、写真を見ると危機感を感じることもできるでしょう。
自覚症状は男性であれば、排尿時の痛み、膿、下腹部の痛み、女性はオリモノが増える、下腹部の痛み、不正出血が挙げられます。
自覚症状がでるというのはラッキーですので、積極的に治療を行いましょう。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧