咽頭クラミジアとは?

たくさんの薬

感染力の高いクラミジアは性病として知られてはいますが、咽頭に感染するということについては性器への感染ほどには知られていません。
クラミジアは部位によって性器クラミジアや咽頭クラミジアと呼び分けられます。
咽頭への感染はオーラルセックスによる場合が多いのですが、性行為以前のキスだけでも感染することがあります。
ただし、空気感染はしないので感染者と同室に居たからといって感染するようなことはありません。

咽頭クラミジアの症状は初期であれば喉のムズ痒さやいがらっぽさです。
なんとなく喉の調子が悪いといった程度なので医療機関を訪れることも少ないものです。
もう少し症状が進むと喉の痛みを感じるようになり、これを風邪だと思ってしまうこともあるでしょう。
特有の症状といったものが無いので感染に気づくのが遅れがちになります。
治りの悪い喉の異変とクラミジアの感染に思い当たる節があれば念の為に耳鼻咽喉科での診察を受けるべきです。

クラミジアに感染するとHIVや梅毒といった他の性病に感染しやすくなります。
また、目にも感染します、目と口は位置的に近いので咽頭の感染が唾液を介して目に感染することも考えられます。
その場合は失明の危険性もあるトラコーマという病名で呼ばれ眼科での治療となります。

治療は抗生物質の内服となりますが、症状の進み具合により投薬期間は変わってきます。
咽頭クラミジアは治療が遅れると治りが悪くなります。
早期であれば短期間の抗生物質で完治するのですが、症状が進むと何倍もの期間がかかります。
これは新たな感染者を生む危険性も増すということです。
それに加えて長くなれば長くなるほど薬の副作用も現れやすくなるので早いうちの治療が大切です。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧